宗教によって異なる葬儀のお花

おはようございます。先日は葬式の写真について書きましたが、今日は葬式に贈るお花や飾るお花について書こうと思います!
まず、故人と遺族の気持ちに寄り添う花として贈るお花を、「枕花(まくらばな)」と言うそうです。こちらは、通夜の前から飾り、亡くなった人の枕元に飾るそうです。
故人の供養のためにお供えするお花を、「供花(きょうか)」と言うそうです。こちらは、通夜や葬式時に、遺族が贈ったり、勤め先や会社から贈ったりするそうで、参列できない方が香典の代わりに贈ったりするそうです。
葬儀や告別式で、参列者が焼香をする代わりにお花を1本ずつ祭壇に捧げるかたちがあり、これを「献花(けんか)」と言うそうです。
キリスト教では、このようなかたちで白いお花をお供えしていくそうですね。
そ の他は、「花輪(はなわ)」や「供花スタンド」などあるそうで、「花輪」は葬式場の外に飾るそうです。でも、地域によっては飾ることができないとこもある そうで、造花で作られたものは、キリスト教の葬儀には贈ることができないそうです。こちらは企業から贈るケースが多いみたいです。
最後に、「供花スタンド」は、葬式場の入り口もしくは祭壇の左右に飾ったりするみたいです。
葬式のお花には、さまざまな贈り方や飾り方があり、やはり宗教によっても違うことについて実感しました。

もっと詳しくご覧になりたい方は宗教別で説明する、お葬式進行スタイルをおすすめしますよ!